部品交換やサービス料の差を知る

車修理

新車を購入した後は3年後、その後は2年に一度確実にやって来るのが車検です。購入する前から判っていたことではありますが、その費用の高さに頭をかかえる人も多いのではないでしょうか。本来の点検費用以外にも、多くのお金がかかることが多く、いくら用意しておけば良いのか悩んでしまう人もいると思われます。そんな検査を行ってくれる工場はたくさんありますので、自分の希望に合った検査を行ってくれる所を探し出すことが必要になってくるでしょう。寝屋川で車検にかかる費用は、法定費用と車検基本料金があり、そしてその他の費用が合算されたものとなります。まず法定費用は車の大きさなどで違いがありますが金額は一定となっており、どの工場でも同じ費用です。車検基本料金とは、点検整備以外に交換した部品料などが加わることになり、交換した部品が多いほど費用が高くなります。また部品の金額が工場によって違うことが多く、費用の差に出て来ることになります。

お店の評判も大事なこと

男性作業員

新車を購入したことから車検もそのままディラーに依頼すると言う人も多いはずです。ディラーが安心と言う人は、その車種を専門に扱っていることや従業員の教育が行き届いていることなどが挙げられると思われます。ディラーの良さは、部品交換をしても純正部品の調達が可能と言う安心感を持てることではないでしょうか。また車に対するトラブルに対しても信頼出来ることが多いこと考えられます。最近多くなっているのが、カー用品を販売するお店で受ける人が増えたことです。ちょっとした買い物に使うカー用品店ですが、タイヤなども安く販売しており、割安感もあることで利用しやすくなっているのでしょう。そして自宅近くにある民間の整備工場と言う方法もあります。自動車の修理が主な目的から、車の整備には自信があると言うことになります。普段から馴染みのある人にとっては、どこよりも信頼の出来るお店になりますが、その変わり始めてと言う人には足を踏み入れるには勇気がいるかもしれません。最後になりますが、ガソリンスタンドと言う方法があります。全てのスタンドではありませんが、社内に整備工場を持ち、検査が出来るまでの設備をしている所が増えました。ガソリンスタンドの良い所は、商売として扱うよりお客様へのサービスと言う意識が強く、非常に低料金の所が多くなっています。キチンとした点検整備はもちろん、清掃においてもピカピカに仕上げてくれることが多くなっています。料金を考えると、ディラーが高く、修理工場、カー用品店、ガソリンガソリンスタンドとなることが一般的です。寝屋川で行う点検に関してはどこも同じで、違うのはその他のサービスと言うことです。

広告募集中