HOME>トピックス>要らなくなったカーナビは、捨ててしまう前に買取に出そう

目次

高額で売買される物も

車を売る時に取り外したカーナビや、買い替えで不要になったカーナビなど、こういった物は買取に出せば高く売れる可能性を秘めています。ハイエンドモデルはもちろん、スタンダードモデルでも需要があり、カーナビ買取でも活発に売買されている実例があるのです。ただし、古くなったカーナビは価値が落ち込みやすく、安値での引き取りになる可能性がありますので注意しましょう。どんどん新しいモデルが登場しており、地図データも日々更新される中、性能や情報が劣る物ですと価値が低くなるのが必至であるため、少しでも高い価値がある内に手放すのがポイントと言えます。

壊れていても売れることがある

カーナビは機械ですので壊れてしまうこともありますが、そういった物でも一度、カーナビ買取業者に相談をしてみるのがおすすめと言えるでしょう。一見すると価値がなさそうな物でも、修理が可能な状態ならば売れることがあるからです。また、部品取りとしての需要もあり、いわゆるジャンク品扱いで買取をしてくれる可能性も残されています。しかしながら一般のリサイクル店では取扱い不可とみなされ売れない可能性が考えられますので、カーナビを専門に扱うところや、カー用品店に強い買取店を利用することが推奨されます。

広告募集中